■BT-V BT−e 券売機 老朽化による 修理について■

本内容は メーカーや 他代理店には 適応されないので ご注意願います。

注意 必ず 券売機の 電源を切ってから 作業を行って下さい。
交換には かなりの分解が必要で 手順書は有りません
自己責任で行って頂きます。
まずは 前出でのユニットを外し 机上にて作業して下さい

稼働機械における ゴム部品(ベルト・ローラー)は 経年変化による
劣化(加水分解・伸びが発生し 定期的に交換することになります。
環境(温度・湿度)や 稼働数により 偏差は有り 部品にもよりますが
概ね 5年〜7年程度で 交換が必要です。
ユニット 右側面 ビスを全て外し
左側面側の ソレノイドを外し
全てのガイド板を外す
ユニットの右側面に 8連の 小さなスイッチがついています

外した後に 不用意に触って 設定が変わることが有りますので
触らないように気おつけて  メモしておきましょう

代替ユニットと 設定が違う場合は 代替側を元の状態にすることも
有ります

丸い方は 不問です
ヘッド下の 黒色で幅広のプラテンローラーをゴム専用の清掃用アルコールをウェスで
力を入れ擦り ローラを回し全面清掃する。
写真で見えませんが プラテンローラーが当たる上側に有るサーマルヘッドの面を清掃する
プラテンローラー 右横に有る 黒いセンサー部の狭い隙間に ホコリや紙粉が堆積するので
清掃する

右下写真は センサーを外した状態丸い部分に汚れがあります

■発券ユニット  関係

通常の手入れ1:印字ヘッド下の幅広ローラーは (プラテンローラー)
 ゴム用のアルコールにて清掃する    (1回/年)
通常の手入れ2:カッター部付近のガイド板を外し 紙粉ホコリを飛ばす (1回/年)

環境や(温度・湿度)  使用頻度にもよりますが 
概ね 5年前後で 特殊ローラーが劣化し 紙送りが悪くなります

対処法として 以下2方法
 1,ユニット単位での交換
  メーカーのオーバホール品と交換
  部品手配納期:1日〜2日 (メーカー営業日の平日)
  部品代:¥37500(税別、送料別、出張作業費別)

  正規品には上記納期が必要ですが
  お急ぎの場合は 所有している 中古品を一時代替で
  貸し出しいたします(エスブイシーのみ)

 2,ローラーのみ交換
   かなりの分解を伴いますが 交換可能です
  部品手配納期:在庫品 即納)
  部品代:@2500 2個/台(税別、送料別、出張作業費別)

劣化事例-1,出口付近での 券つまり  (ベルト切れ)

ユニットを 少し前に出して
背面のコネクター2本を 引っ張って抜く

(ロックは有りませんので ケーブを引っ張ってOK)

劣化事例-2,券が短くなったり 印字が縦方向に潰れる (用紙送り不良)

ローラが露出するので
Eリングを外し ローラーを交換する

この際ローラーは 片方向にしか回らないので方向をに注意

回転方向
奥側(写真左)は反時計方向
手前(写真右)は  時計方向

ローラーは共通ですので 
裏表を替え合わせる

1,ローラー清掃 (釣り札 繰り出し不良)

2,センサーの清掃  (ホコリ体積除去)  及び機内の 清掃
発券ユニット 印刷部 定期清掃   (1回/年 程度)

注意
必ず 券売機の 電源を切ってから 作業を行って下さい。
交換には かなりの分解が必要で 手順書は有りません
自己責任で行って頂きます。

まずは 前出でのユニットを外し 机上にて作業して下さい

ユニットを 立てて 下側の ケーブル2本を
外す

注意
ケーブルの結線が短く 写真のように
見えるように成らないことも有りますが
強引に行わない

2本とも ロックが有るので 慎重に外す
通称 ビルバリ

特に内部にホコリが溜まっております   半年に一度くらいは コンプレッサーでホコリを飛ばし
ローラーを清掃して下さい 
ゴム部品 清掃 用具

注意
必ず 券売機の 電源を切ってから 作業を行って下さい。

環境や(温度・湿度)  使用頻度にもよりますが 
概ね 5年前後で 左記写真のように 
発券部出口付近に ベルトが2本有り
劣化により 外れたり 切れる事で 
券が排出されずに故障になります

対処法として 以下2方法
 1,ユニット単位での交換
  メーカーのオーバホール品と交換
  部品手配納期:1日〜2日 (メーカー営業日の平日)
  部品代:¥52000(税別、送料別、出張作業費別)

  正規品には上記納期が必要ですが
  お急ぎの場合は 所有している 中古品を一時代替で
  貸し出しいたします(エスブイシーのみ)

 2,ベルトのみ交換
   かなりの分解を伴いますが 交換可能です
  部品手配納期:在庫品 即納)
  部品代:@1500 2本/台(税別、送料別、出張作業費別)

発券ユニット 印刷部 ベルト切れ 対処方法 
ガイド板(ステンレス金具)が 見えるように成り
丸いつまみのネジを回し ガイド板を外す

ゴム製品の加水分解を防止するため アルコール純度99%以上の下記を使用して下さい。
オーディオ用の ピンチローラー清掃用でも可

ゴムローラークリン 80ml×12本
●ATM、スキャナ、FAX、プリンタ、複写機などの搬送ローラー、ピックアップローラー
●性能・性状
形態    :ミスト式スプレータイプ
容量    :80ml
寸法    :W150×L140×H145mm
販売業社 :株式会社タイホーコーザイ
上側を開いた部分が 読み取り部分なので  月1回程度で清掃する
右側の 2mm程の段差の上側を硬貨が転がるので 丁寧に清掃する
下側は 1年に一度くらいで十分
コイン識別ユニット CGXA-100 清掃箇所
左右 下のネジを外す
右側ベース板を外側に広げて
ベルト テンション部分を引き出す
通称 コインメック    コインアクセプター

券売機から外して  内部清掃する
発券ユニット 印刷部 発券ユニット ディップスイッチの確認

注意
サーマルヘッド部には 高電圧がかかっておりますので
必ず 券売機の 電源を切ってから 作業を行って下さい。

紙幣ユニット 高額タイプ BCA-20 清掃箇所
露出した 下側のローラー2個を ゴム用アルコールで
清掃する
このローラーは入手できないので 摩耗している場合は ユニット交換となります
この軸 左ねじを外し 軸を 外す
スプリングのかかっている 軸2本を 左側に抜き去る
合計 4本のケールを外すと
ユニットを外せるようになります
発券ユニット 印刷部 発券ユニット 交換方法 
右ベース板 固定ビス2個を外す
ガイド板を外す (両サイドネジを外す) 
ガイド板丸い緑のシールはって有る 金具を
上に上げると ヘッド部が開きます
以下 撮影の為 外した状態ですが  実際には分解しないで作業が可能です。
ユニットを 上に上げると 外れ
後方にずらし 印刷ユニットに刺さっているケーブを外す

(ロックがないので ケーブ引っ張ってもOK)
白いケーブルは LANケーブル
透明な爪を 押して 抜く


黒と赤の線のコネクターにも 白いツメがあるので 
押して抜いて下さい
発券ユニット 用紙送り部 2ロールメカユニット 交換方法 
更に分解し
ベルト交換する

同時に軸やローラーの内側を
アルコールにて清掃する

油は付けないこと
右ベース板 側面 ビス・Eリング類を全て外す

2ロールメカの取り外し完了
発券ユニット 用紙送り部 2ロールメカ ローラー交換方法 
奥まった所の  ビスを緩める
ケーブル 結束を開放する
発券ユニット 印刷部 発券ユニット ベルト 交換方法 
}
有限会社エスブイシー

■紙幣ユニット(高額) 関係