電子マネー キャッシュレス対応 券売機について

時代、ユーザー様のニーズで キャッシュレス(特にPayPay)のご要望が多いのですが
多面的なデメリットもあります
都会と地方、学生の利用率などでキャシュレスの利用頻度が大きく変わりますが
JR駅内や大学近隣以外なら 金沢近郊では5%前後の利用率でしょう

券売機を売っておきながらネガティブなこと言うようですが
極一部の方のために 手数料負担 多額な初期費用と ランニングコストをかけ
中途半端な券売機を買わされ すごく手間掛かかるより
初用者やリピーター様向けにサービスの充実が合理的だと思います


電子マネーの種類 
種別   詳細 (一部抜粋) 
クレジットカード VISA ・ JCB ・ Masters etc ・ etc (ICチップ搭載)
 ICカード 交通系 suica ・icoca 9種
流通系 WAON ・ nanaco ・ 楽天Edy ・ etc
 QRコード  PayPay ・ LINE ・ au ・ d払い ・ etc
 ハウスカード 方式1 後払い 給与精算  (磁気カード・ICカード・QR)
     社員証や学生証  利用

方式2 チャージ式 (IC) 社員証や学生証  利用

それぞれ 開発案件となります
 プリペイドカード テレフォンカード や オレンジカード の PETカード
容易に複製できる問題も有り 最近はほぼ採用されず


石川県近隣 キャッシュレス券売機 導入例(他社販売含 ・ 一部抜粋)
設置先 松屋 花里ゴルフ なか卯 氷見市
なごみ
大河 小松市役所
 食堂
某大学 某カレー店 北陸鉄道
種別 QR・IC クレジット QR・IC
クレジット
QR QR IC
(交通+WAON)
学生証・職員証
チャージ可能
NFCハウスカード
IC
交通/WAON/iD
Edy/nanaco
IC(交通)
メーカー NEC NEC グローリー BOSTEC BOSTEC NEC NEC NEC シンフォニア
型番 MP-T300 MP-T300 VT-T10 FVAMC-27VA FVAMC-27VB BT-e211 BT-e212 BT-e212 BMIE-4
備考 硬貨容量極小 硬貨容量極小 ボタン式 ボタン式 ボタン式 バリアフリー
外観

簡易型1


簡易型1

券売機 +入金機 + レジ
2重単価で
キャッシュレスの場合は
割引価格

その他 道の駅 ・ 高速SAPA ・ 山岡家(簡易型) ・ 富山駅内(8番・立山そば・白えび亭) 



■決済手数料が必要 種別により料率は異なりますが  3.5% ~ 7%
■月額通信料や管理費が掛かる  毎月5000円程度 + 最低事務費用 の通信費用がかかる
 概ねはLTE回線契約 一部有線インターネット回線が必要

■QRコード対応は ほぼ タッチパネル方式(芝浦一部機種を除く)

■タッチパネル式券売機 デメリット
 ・メニュー変更が簡単に出来ない 依頼すると高額

■簡易型QR対応機種は デメリット・メリット
 ・釣り銭コイン容量が極端に少ない  10円・50円100円500円各70枚ほど + 10円か100円どちらか100枚ほど増設
 ・簡易型1 釣り札は千円のみ
 ・オンライン保守契約を必須なメーカー有り  月額3万円という場合も
 ・食券用ロール紙がレジスター用で 頻繁に無くなる 1ロール紙カしかセットできない
 ・機械の価格が安い
 ・サードパーティー製造の為 安いが 長期でメンテナンスが可能かは未知数すぎる
  あるメーカーは購入後5年以内でも修理不可能で新機種購入になる

■各種トラブル
 ・非接触ICカード式  タッチミス や モバイルSuicaのアプリ不具合(特にアイフォン)
 ・クレジット式     磁気ストライプは使用できません ICチップ搭載のみ 

アクセスカウンター